FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-11(Thu)

それが愛だとするならば

4778111621それが愛だとするならば (ショコラ文庫)
ひのもと うみ 小椋 ムク
心交社 2011-08-10

by G-Tools


傷つけなければ気づけない――。 

顔よし頭よし、常に人の中心に立ち同期の中でも出世頭の大崎哲也は順風満帆な人生を歩んでいた。
そんな哲也のもとへ、上京してきた年下の幼馴染、野田透が居候することに。
頭が悪く頼りない透を無下にもできず、不本意ながらの同居だったが、一心に哲也を慕う素直な透との生活は不思議と哲也を和ませた。
だがある夜、仕事で大きく躓いた哲也は深酒をし帰宅。
介抱する透を勢いのまま抱いてしまい──。



初読み作家さんです!(*´ω`*)
結構分厚かったし、どうしようと迷ってたんだけどムクさんのイラストとあらすじに惹かれて購入してみました。

この攻、哲也は、ちょっと前に読んだ樋口さんの『愛はね、』と『ぼうや、もっと鏡をみて』の俊一に通じるところがある…と思ってしまった…。受もちょっと感じが似てるような気がする…のは私だけかなぁ。
同じように幼馴染設定だしね。
話はじれじれしました…!幼馴染の哲也(攻)と透(受)、哲也は頭も良くて仕事もできる、それに対し透は頭がちょっと残念でおっとり…というか、鈍い性格。大学進学を機に、上京した哲也と2歳年下で地元に残った透は、たまの電話で連絡をとる暗いだったんだけど、透の母親の再婚が決まってから透も上京することになり、仕事が決まるまでの約束で哲也の家に居候することになる。
ある日、仕事で躓いた哲也は強引に透を抱いてしまう。翌日目覚めた哲也は、透を拒絶し、無理やり同居を解消させ…。
…とまぁ、このあたりから、哲也の転落人生は始まったと思う(笑)

哲也は、今まで生きてきてたいした挫折もなく、自分に相当自信持ってる、プライドが高い男。自分がどうとかいうより先に、体裁にこだわるというか、他人の目が気になるようなタイプなんだろうなぁ。それがまたイライラする!(笑)
哲也目線で話が進むので、ほんとこの男、どうしてくれよう!って思った(笑)
しかも仕事で事をうまく運ぶために、付き合ってた彼女を利用するとかどういうことだって思う。
まぁ彼女の親が重要ポストだったことが哲也にとっては重要だったんだろうなぁ、勿論好きだったんだろうけど、彼女自体を愛してるというより、彼女の家柄を愛していたというべきか…。
哲也、マジお前いつか痛い目見ろ!(怒)…って思ったけど、後半十分痛い目にあってたから(笑)まぁ許すわ…。
ほんとね~、こういう男は、なんで自分の気持ちに気づくまでは散々酷いことやってたくせに、自覚して恋人になった途端に、昔のことは忘れちゃったYO☆的な感じに、独占欲むき出しなんだか。
最低です!(笑)あ、この辺は本編じゃなくて、文庫についてた番外編のペーパーなんだけど。
透はなんでこんな最低をずっと好きだったのかなぁ…。
まぁ恋は盲目っていうから仕方ないのかな。
哲也の仕事を躓かせた男、同僚の奥園がね~、いいヤツなんだよ…!なんでこういう人を選ばないのかねぇ。
奥園が不憫なので、彼にもいつかかわいい彼氏ができたらいいなと切に願います!
たまには哲也をぎゃふんと言わすために、奥園が透をかまって、やきもきさせたらいいよ!
とか思う私は酷い人でしょうか(笑)

攻が最低でイライラしたけど、面白かったです(笑)

そっか、樋口さんのもそういえばムクさんがイラストだっからやけに被って見えるんだろうな(笑)
ってさっきちょっと思ったりした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

mizukiyu2

Author:mizukiyu2
水月ゆうです☆
アニメとBLと声優大好きです。
最近更新滞ってますがついったーで生きてます。
メールは下記の☆を@にかえて送信してください。
minto033☆yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

FC2カウンター
Twitter
tuna.be
カテゴリ
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
BlogPeople
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。