FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-16(Thu)

交渉人は疑わない

4813011810交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
榎田 尤利 奈良 千春
大洋図書 2008-10-30

by G-Tools

「俺はいつだって本気です。先輩、可愛い声を聞かせてください」

元検事で弁護士そのうえ美貌と才能まで持ち合わせた男、芽吹章は、弱気立場の人を救うため、国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人として『芽吹ネゴオフィス』を経営している。
ところが、ひょんなことから高校時代の後輩で現在は立派な(!?)ヤクザとなった兵頭寿悦となぜか深い関係になっている。
嫌いではない。
どちらかといえば、好き…かもしれない・・・
だが、焦れったいふたりの前に、ある日、兵頭の過去を知る男が現れて!?



はい!2巻目!
超ハイペースで読んでます(笑)

あああ、もう!好きだーーー!!

芽吹ってなんでこんなにかっこいいんだろ。
兵頭がメロメロなのも頷けるよ。

溝呂木というホストに、ストーカーをどうにかしてほしいと依頼を受けた芽吹。
なんとこの溝呂木は兵頭の知り合いの弟で、しかも兵頭は溝呂木の兄を2階から突き飛ばして死なせ、傷害致死罪で刑務所に入っていたという話。
なので、溝呂木と兵頭の仲は最悪。
溝呂木からは、自分の兄を兵頭が殺したことを聞き、兵頭からも溝呂木がどんな風に最悪な男かを聞いて、芽吹も自分で調査したところ、溝呂木の評判は最悪で、兵頭の言うとおりだった。
だけど、芽吹は言った。

「溝呂木さんを信じたいというより、人は変われると信じたい」

信じなきゃよかったと、腹が立つのは一時的なこと。
そんなことより、なぜ信じてやらなかったのかと後悔するのはいやだ…。

この言葉にとても心を打たれました。
人を信じるって、すごく簡単そうで難しいことだと思います。
ましてや溝呂木の悪い評判を聞いていて、それでも信じようとする芽吹はすごいと思った。
なんでそこまでできるのかな…。
それは今後の話を読んだらわかるんだろうか。
自分が芽吹を騙していたことを知った上で、信じるって言ってもらえた溝呂木は嬉しかっただろうなぁ。
どういうレベルでも、他人に信じてもらえてるのって嬉しいもんね。

そして、この巻で芽吹と兵頭はやっと絡まったわけですけど!
良かった…!'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
奈良さんの挿絵を見て、兵頭この姿勢大変そうって思ったけど…!腰痛になりそうって思ったけど…!(笑)
なんだかな~、結局すごく大事なんだろうなって思いました。芽吹も兵頭のこと大事なんだなって思いました。
あれ?なんで2回も言ったかな(笑)
とにかく!
読んでる間、顔がにやにやして不審者のようでした…。
キヨと智紀の関係も気になる!ほわほわしてて、見てて微笑ましいです(*´ω`*)
俄然スピンオフを読むのが楽しみになってきました。

わくわく!

で、私、デコイと交渉人の全サ…出して届いてどこに置いたんだろう。って今日会社でずっと思っていて、帰宅って探したんだけど、全然見つかりません(笑)これはもうほんと家を片付けないと見つからなさそう…。
全然関係ないことで締めることになるけど、とにかく2冊目も超面白かった!ごちそうさまでした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

mizukiyu2

Author:mizukiyu2
水月ゆうです☆
アニメとBLと声優大好きです。
最近更新滞ってますがついったーで生きてます。
メールは下記の☆を@にかえて送信してください。
minto033☆yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

FC2カウンター
Twitter
tuna.be
カテゴリ
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
BlogPeople
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。